買取と下取りの違い

買取と下取りの違いについて

中古車は、
買取業者に買い取ってもらう場合と、正規ディーラーに下取りしてもらう方法があります。

 

下取りとは。。。

自動車の下取りとは、
新しく車を買うディーラーに車を売却し、その売却金額分を新車の購入に充てること。

 

買取とは。。。

自動車の買取とは、
買取業者に自動車を売却し、売却金額分の現金を受け取ること。

 

下取りの場合は、ほとんどが正規ディーラーが相手になり、
今まで行われていたようなスタイルのことを指します。

 

しかしながら、最近では、
自動車の買取専門業者や中古車買取・販売会社などが、
独自に自動車を買い取るスタイルも人気になっています。

 

多くの場合において、下取りに出すよりも買い取ってもらった方が、
高額で売却できるケースが多いです。

 

中古車のマーケットプライスは絶え間なく変動し続けています。中古車のプライスがシーズン、人気などによって変わりがあるように、中古車の買取価格も絶えず変わっています。希望通りの中古車の買い取りをゲットするには、相場の変化を見て取ることが大変重要です。例を述べますと相場が動くトリガーとして、モデル変更の行われる時期が頭に浮かびます。新型車が発表されると、乗り換えが増え、中古車の流通する台数が伸びることにより、買取価格が下向くのが、普通です。中古車を手放したいなら、高額査定の時期を見逃さず、新しい型が登場しないうちに、買取業者に売却するのがいい方法でしょう。それに、直ちに手放す気持ちでやり始めることも重要です。いつ手放してくれるのかわからない状況では、営業サイドも具体的に金額を提案できません。その日のうちに、「売却」を決めるという気持ちで出せば、相場の上限額に少しでも近い金額が望めます。