車査定前にローンは完済すべき?

ローンを完済してから次の車に乗り換えるのか??

原則として、実車査定の前にローンは支払わないといけません

 

ローンは支払いができなくなると、
その自動車はローン会社のものになってしまうという契約がついています。
ですので、ローンを完済していない状況だと、
完全に自分に所有権があるとは言えないのです。
ローンを完済させてから売却するようにしましょう。

 

ただし、買取店によっては、
自動車の売却金額をローンの返済にすることが出来る場合もあります。
そのような手続きは全て買取店が行ってくれることも少なくありません。

 

いずれにせよ、今自分の自動車ローンがいくら残っているのか、
あといくら支払わなけれないけないのかは自動車査定前にしっかりと調べておく必要があるでしょう。

 

乗り古した車を売却する場合に、査定をするメリットは、自分の愛車の相場額がわかるところです。

 

現在所持している自動車はいくらの額で売却できるか知ることは大きな意義があります。

 

大切な愛車を買い替えする場合、代わりとなる車を購入しようとするために新車のディーラーや中古車屋であっさりと済ましてしまう人もいるでしょうが、それだと中古車を高額で売ることなどできません。

 

まず車の査定をし、これから自分が売る大切な愛車の相場となる価格を予め知っていれば、価格の交渉の場面で、より有利に取引を進めることができます。